SDGs(Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」)とは、持続可能で多様性と包摂性のある社会実現のため、2030年までに世界各国で一人一人が協力実行し、達成しようとしている17の国際目標です。

未来創造グループでは、「日本中の中小企業を応援する」ことをミッションに掲げ、そこに関わる、企業経営者、従業員、家族、地域社会、行政機関など、私たちに関係するすべての人たちの幸福を追求し、社会正義を実現していきたいという想いがあります。

未来創造グループの「経営理念」や「ミッション」は、SDGsの理念と一致するものと考えています。法を司る者として、SDGsを積極的に推進し、社会の持続的発展への貢献に寄与してまいります。
SDGsへの取り組み
1

働きがいや経済成長に寄与する

▼ 弁護士としての使命
「中小企業の経営を伸ばすことは、日本を救うということだ!」「日本中の中小企業を応援する」という私たちのミッションは、リーガルサービスを通じて経営をサポートし、企業が経営を伸ばし、納税を増やすことで、経済成長に寄与するという使命に基づいた考え方です。契約企業様・行政機関・自治体とのパートナーシップで目標を達成してまいります。

▼『ロー・ルーム』サービスを通じて
契約先企業の従業員様の悩みや問題を弁護士に相談し解決していただくことは、心身を健康に保ち、前向きに働けることに繋がり、企業の生産性を上げることに直結します。福利厚生の一環として導入いただくことで、従業員満足度向上、働きがい創出の一助となります。

▼働く仲間のために
・キャリアマネジメントサポート
・エンゲージメントを大切にする風通しのよい風土創出
・ライフスタイルに合わせた時間制有給取得制度
・ワークスタイルに合わせたリモートワーク・フレックス制
SDGsへの取り組み
2

法を司る者として

▼ 弁護士としての使命
法律をつかさどる者として、「貧困問題」「ジェンダー不平等」「人や国の不平等をなくす」「平和と公正を」という目標に向け、弁護士としてできることがたくさんあると考えます。皆が生きやすく、安心して幸せに暮らせる社会を実現するために取り組んでまいります。

▼働く仲間のために
・ジェンダー平等を目指した採用
・女性管理職比率50%の実現
・全従業員の物心両面の幸福を追求

SDGsへの取り組み
3

すべての人に健康と福祉を

▼ 弁護士としての使命
わたしたち弁護士は、社会正義を実現するため、法の下において、誠実に、社会福祉に寄与することを使命としています。

▼『ロー・ルーム』サービスを通じて
働く人の心と体が健やかであることは、仕事の生産性にも直結し、企業のみならず、すべての人において大変重要なことです。私たちは、契約企業の従業員のみなさまのプライベートのお悩みを無料でご相談いただける「ロー・ルーム」サービスを通じ、問題解決していただくことで、すべての人の健康と福祉を実現してまいります。

▼働く仲間のために
・年1回の健康診断費の事務所負担
・インフルエンザ予防接種費の事務所負担
・育休・産休取得の推奨
・ライフスタイルや健康管理のための時間制有給取得制度
・有給取得率100%が可能なワークスタイルの実現
・メンタルケアのための臨床心理士・カウンセラーとの連携

SDGsへの取り組み
4

質の高い教育をみんなに

▼ 弁護士としての使命
すべての子どもたちが格差なく質の高い教育を受けることは、この国にとって、また、世界の未来にとって大変重要なことだと考えます。弁護士として法教育に携わることをはじめ、依頼者と直結する問題解決としては、夫婦問題を解決すること、正しく養育費が支払われ子どもが十分な教育を受けられるようお手伝いすることなど、リーガルサービスにはとどまらず家族のその先まで考えアドバイスすることで子どもたちの教育環境を守ることができます。弁護士としてできることを考え、取り組んでまいります。

▼『ロー・ルーム』サービスを通じて
「世の中のあらゆる問題は法律で解決できる」ことを知っていただくために、契約先の従業員様に、法律をかみくだきながら、わかりやすくご説明いたします。

▼働く仲間のために
・自己研鑽のための研修受講の推奨
・社内研修制度
・書籍購入補助
・キャリアマネジメントサポート
SDGsへの取り組み
5

オフィスにおける紙の使用を見直す

▼ 地球環境のためにできること
2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」への挑戦が始まりました。法曹界では未だFAX利用や紙ベースでの書類のやりとりの慣行から抜け出せていないのが現状です。
私たちは、紙や、トナーの使用量を30%削減させることを目標とし、オフィス空間におけるペーパーレス化やアップサイクルを推進しています。2021年時点では、社内SNS、クラウドでのデータ管理、FAX送受信のデジタル化、PDF編集ソフトの導入によるOCR化を実現し、DXへの取り組みを実践しています。https://ai.mirai-law.jp/dx